AER: Insightsについての雑感

 
2017年12月に米国経済学会が新雑誌"American Economic Review: Insights (AER: Insights)"の創刊をアナウンスし論文投稿受付を開始しました。2019年に創刊号が出る予定です。
 
私の論文"The Violent Consequences of Trade-Induced Worker Displacement in Mexico" (Melissa Dell氏とBenjamin Feigenberg氏との共著論文)は幸運なことに2018年6月に採択され、創刊号に掲載されることになりました。
 
 
この論文の投稿前、採択後でいろいろ情報、意見収集したので、この雑誌に関する私の現時点での考えを書きたいと思います。
 

AER: Insights創刊の意図

公式HPを見ると以下のように書かれています。

AER: Insights is designed to be a top-tier, general-interest economics journal publishing papers of the same quality and importance as those in the AER, but devoted to publishing papers with important insights that can be conveyed succinctly. 

https://www.aeaweb.org/journals/aeri

 
さらに米国経済学会がこの新雑誌を作った背景としては、経済学の論文が過去数十年でどんどん長くなり、査読も時間がかかっていたということがあると思います。例えば以下のWall Street Journalの記事でその背景が説明されています。
 

また、経済学における実証研究やより政策に密接に関係する研究が増え、政策的なホットトピックに関して質の高い実証研究をタイムリーに出版することに対するニーズが高まっているということもあるのかもしれません。

 

AER: Insightsの特徴

少なくとも以下の2点があげられると思います。要は短く、速く、ということですね。

  • AERに比べて短い(字数制限は6000語でAERの3分の1前後。ただし、より短いノート形式の雑誌であるEconomics Lettersの約3倍なので、そこまで短いわけでもない)。図表数は最大5個。
  • 投稿して、レフェリー査読に送られた場合、その結果はリジェクトか、条件付採択のみ。エディターはExpositional change以上を要求しないことにコミットする。

なお、最初の字数、図表数制限はScienceを参考にしたと言われています。実際似ています。Scienceが社会科学系でもトップジャーナルになろうとする動きを見せて速報性で勝負しようとしてきたのに対抗したという説もあるようですが、真偽はわかりません。

AER: Insightsは成功するか

成功を"a top-tier, general interest economic journal"になるとして、かつそれを現在のいわゆるトップ5に並ぶレベルと定義しておきますが、こういうのは業界でみんなが成功すると思えば成功するし、失敗すると思えば失敗するという性質を持っていると思います。
 
成功しない(と皆が思う)かもしれない要因としては以下の要因があると思います。
  • 研究者が論文を書いたとして、それが文句なしのトップジャーナルの質であればなぜまだ評価が定まっていない新雑誌に投稿するのか。→新雑誌に投稿するからには文句なしのトップジャーナルの質ではないに違いない。→そういう論文が多く投稿されるからには平均的にトップジャーナルの質になるはずがない。という予想が自己実現する。
  • リジェクトされたら次にどうするか。論文の形式としては前述のようにScienceに近いがScienceは投稿できるトピックが経済学では限られているし現実的なオプションではない。論文を短縮化するには努力が必要で、それは次に生きない努力かもしれない。

成功する(と皆が思う)かもしれない要因としては、

  1. AERはもともとShort papers sectionというのがあって、今回AER: Insightsの発行にあたりそれを廃止した。業界的にはShort papers sectionの独立、手続き簡素化という説明もされているようで、AERのshort papersに載った論文は普通にAER扱いされている、というかどの論文がshort papers sectionに載った論文かを誰も気にしないレベルなので、Short papers sectionの独立なのであれば新雑誌もAER同等の扱いがされるはず。(ただし、Short papers sectionの独立、手続き簡素化という説明は公式にはされてないと思う)。
  2. 査読が速く、条件付採択か棄却のみで条件付採択からも8週間での再投稿が求められる。これはトップ5にそんなにがつがつしない大物やテニュア(中間)審査前の若手には強烈な魅力になる。
  3. 米国経済学会はAmerican Economic Journal (Applied, Micro, Macro, Policy) という準トップジャーナルレベルの新雑誌の創刊を約10年ほど前に行いそれに成功した実績がある。
  4. 米国経済学会はこの新雑誌の立ち上げに先立ち、American Economic Review: Papers and Proceedings (AER P&P)という、米国経済学会年次大会のプロシーディング集であって通常の論文査読がつかないがAERという名前を冠していたため業界に混乱をもたらしていた雑誌の名前を American Economic Association: Papers and Proceedingsに変更しAER ブランドを守る方向を打ち出した。新雑誌はそのAERを冠している(まあこれが原因で一部でAER P&PとAER: Insightsが混同されることはあるかも知れませんが)。
 などがあると思います。
 
ちなみに、現時点で近刊となっている論文のリストを見る限り、ホットトピックに関する大物のそれなりにすでに知られている論文(を凝縮して書かれたもの)が多い、という印象です。私の予想では、そういう論文は出版後5-10年の引用を稼ぐものなので、AER: Insightsは出版後5-10年間の引用件数では本家AERを超える可能性がある一方、本家AERに比べて、20-50年後に振り返ってあの論文が経済学のある分野を変えた、というような論文は出てきにくいような気もします。ただ、本当に出版後5-10年の引用を稼ぐならば、研究の方向もそれによって影響される面が出てくると思うのでまた違ってくるのかもしれません。

 

AER: Insightsに関するほかの論点

  1. 迅速な投稿処理のためにはデスクリジェクトの確率が相当高くなるはず。有名大学所属の研究者を含まない著者陣の論文にどれだけ開かれたものになるかは未知数。
  2. 長いAppendixが許されておらず、実証分析でRobustness checkがどの程度されていたらOKと思われるのかに関して基準が定かでない。すでにトップジャーナルに論文が掲載されていてエディターやレフェリーからの信頼がある人がさらに有利になる可能性がある。

これはは有名大学以外の著者に雑誌が開かれたものになるか、という論点です。これらが雑誌の成功に関係するかはわかりません(むしろ成功したら起きる現象かもしれない)。

 

私の経験

そもそもなぜ投稿先に選んだのか、ということは省略します(聞きたい人が万一いたら飲み会で)。

  • 投稿後ほぼ2ヶ月ぴったりで条件付採択の通知が来ました。そこから8週間の論文修正の期間を設定され、締切直前に再投稿。さらにその4週間後に採択決定通知。
  • これは相当に迅速でありそれだけですばらしいのですが、さらによかったのは、レフェリーレポートが3通あって2通が肯定的、1通が否定的評価で、否定的評価だった1通はある先行研究2本に対する貢献が不十分という評価だったのですが、編集長がその2本を読み込んだ上で「これらの論文に比べてちゃんと貢献があると思うけどその貢献がしっかり書かれてないのでしっかり書きなさい」と言ってくれたことです。また、全レポート3通を読み込んで、何をどうすればいいかの指示を詳細に(プリントアウトしたらA4用紙3枚分)してくれたことにも驚きました。
  • また雑誌が条件付採択か棄却しかしないということでレフェリーレポートの内容も他雑誌とはだいぶ異なりました。肯定的なレポートは基本的に説明、構成の改善が中心でした。否定的なものも恐らく貢献が十分でないと思ったらそれだけ書いて棄却していいよと指示されているのか、非常に簡潔なものでした。なので、やることが具体的だったのがとてもよかったです。もっともAppendix の表を本文に持ってこいとかあると、その分析のrobustness checkをやる必要があったり、この結果とこの結果もっと整合的に説明できない?とかいわれたりするとそれでまた追加分析をやる必要があったりして作業量としては"Expositional changeだけを要求"という文言から想像してたものよりかは多かったですが。
  • まあ、こうした編集長の熱意あるサービスとレフェリーの傾向が続けば雑誌の成功確率は高いように思います。
  • でも、実はこうしたことよりも、この雑誌成功するかも!、と一番思ったのは、投稿しただけで、2ヶ月で業界が一目おく雑誌から条件付採択がくるかもしれないというだけで、すごいハッピーな感覚を味わった時でした。

 

最後に

私の尊敬するある若手日本人経済学者が
 

トップジャーナルに載る論文には絶対トップジャーナル間違いなしの論文とトップフィールドでもおかしくない論文があって自分に書けるのは後者の論文がほとんどだから重要なのは、一本一本の結果には一喜一憂しないでそういう論文をコンスタントに出し続けることと一本一本の質をできるだけ上げることだと思ってる。

 

と言っていて、まあ、彼はトップ5に複数掲載済なので、大いに謙遜があると思いますが、それはおいておいて、私ができることは、
 
 
  • 今後の同トピックの研究を掘り下げて積み上げていくことによって論文の価値を上げ、さらには雑誌の価値を上げることに貢献すること。
  • 同じ質の論文を今後も書いていくこと。

だと思うので、これらに努力したいと思います。

 

9月24日-9月30日 有用twitter リンク

1.開発経済学(NEUDCに報告申し込みされた論文)のテーマ

元記事の分析について、1点コメント。

2.スタンフォードの小島さんが本を書く模様!

3. 東大山口さんの、幼児教育の効果の解説

9月17日-9月23日 有用twitter リンク



一橋大学真野さんの研究紹介。

ミクロデータを活用した政策研究についての市村英彦・北村行伸・大竹文雄・野口晴子各氏のディスカッション。

アジ研工藤さんの Sara Lowes, Nathan Nunn, James A. Robinson, and Jonathan Weigel, "The Evolution of Culture and Institutions: Evidence from the Kuba Kingdom," Econometrica, Vol. 85, Issue. 4 (July 2017): 1065-1091の紹介。

横山和輝 日本史で学ぶ経済学 (雑読みでの雑感)

 

名古屋市立大の横山和輝(@ecohis)さんの新作「日本史で学ぶ経済学」が刊行されていた。前作「マーケット進化論」で多くを学んだので買ってみた。ざっとしか読んでないので誤解もあるだろうがとりあえず(あと、3章と7章なんとなく何も読んでない)。

 

本へのリンクはこちら。 

 

日本史で学ぶ経済学

 

・「はじめに-経済学のレンズで歴史を学ぶと、ビジネスのヒントが見えてくる」でご本人が本の魅力をとてもよく解説してるし、経済学と歴史をあわせて学ぶ意義のいい説明にもなっている...のでできればその部分を公開するといいと思うが、少しだけ引用するなら、

 

歴史は「取引のあり方や値段の決まり方を切り口として、人間がどのような行動をとるのか」を探るヒントの宝庫なのです。過去の出来事と現代の問題との間を経済学を通じて結びつけて考えることができる、ここに歴史で学ぶ面白さがあります。

 

と書かれている通り、横山さんが「過去の出来事と現代の問題との間を経済学を通じて結びつけて考えたこと」(のたくさんのうち自信がある部分)とその考え方を示してくれている。

 

・経済学か歴史のどちらかの興味・知識があれば興味深く読める本だと思う。「一見無関係なことが実は密接につながっている」と書いてあるようにフリマアプリやショッピングモールといった現代のプラットフォーム・ビジネスと楽市楽座の共通点といった、単語は聞いたことがあるものが経済学のロジックで共通点が見出せることがわかるのは楽しい。というか、中高時代単語だけ覚えたものに意味づけが与えられるのはなんか得した気がする。

 

蛇足1 1章はそれぞれの内容は貨幣の本質に関わる話でとても面白かったが、読者の知識、先入観が人によって全然違うと思われる暗号通貨の話に結びつけるのがよかったのかよくわからない。

 

蛇足2 楽天の名前の由来は楽市楽座なんだからプラットフォームの経済学の専門家をチーフエコノミストとして雇っても楽市楽座の研究用ファンドを作ってもいいのでは。

 

よくあるご質問|楽天株式会社

 

・学習・教育面では、例えば金融を勉強してる時に金融制度の解説を読む時・する時などで「第4章 銀行危機の経済学」をあわせて読むと金融危機を防ぐ仕組みがどのような経験に基いて作られてきたか、それらがなかったときにどのように危機を悪化したかがわかってより理解が深まるかもしれない(最近金融論の教科書を読んでないので、実は最近の教科書ではそういう工夫がすでになされているかもしれない)。

 

・人に働いてもらったり、何かの集まりを組織したり、何かの仕組みを改革したり、したふりをする必要がある際に参考になる...のかはわからないが参考にする材料が増えるとはいえそうだ。そういう参考材料としての歴史事例を読んで考えることの、同時代のそういうテーマ(組織改革や人材管理)の教科書や成功失敗事例集を勉強することに対するメリットは何だろうとちょっと考えて見た。歴史事例だと長期的な結果がわかってる、利害関係がないから冷静に見れる、背景が違う分自分が当然と思ってた、または変えられないと思ってた要因の変化を見ることができる、あたりだろうか。もちろん背景が違う分、直接参考にならない部分は大きいという欠点はあるがそれは長所と表裏一体の関係だから仕方ないのだろう。何が違って何が適用可能か、ということを理解するためには経済学的な思考の枠組みを身につけましょう、ということなのだろう。

 

・5章の徳川吉宗の改革だが、紀州時代の側近の登用、また幕僚機構の分割による各人の担当範囲の限定化が効果があったとされているが、それぞれ潜在的には短所もありえそうに思える。前者は側近の知識不足、権力乱用とか、後者は担当範囲間の連絡の欠如による非効率さとか。それらの方策の長所>短所が成立している状況だったことが補足してあればよかったかもしれない。似たような印象を少し2章の最初に持った。まあ、これは多くの事例、トピックをカバーする関係上仕方なかったのかもしれない。これらのトピックでもっと深く分析できると思った人は組織の経済学の本などに進めばいいように思う。

 

 

 ・じっくり読み直したい章もあるので、また何か書くかも。

 

経済セミナー2018年8・9月 今知りたい開発経済学

 

経済セミナー2018年8・9月号で開発経済学特集が組まれている。

kindle版を買ってみた。

いま知りたい開発経済学 経済セミナーe-Book

 

・個々の研究者のそれぞれ読み応えのある論考で開発経済学のトピックの広がりがわかり、その上で最初の対談部分で開発経済学と実務の関係で出てくる論点に多く触れることができる、いい特集だと思う。

 

大雑把に(各項目1-2文で)内容を書くと、

 

青柳恵太郎×佐藤寛×高崎善人「現場では何が問題となっているのか」

対談で...話題と視点が多岐でまとめるのが大変なのでセクション名だけ「援助をとりまく現状」「エビデンス・ベーストを求める流れ」「経済学と社会学」「開発とビジネス」「実務家と研究者」「若い人へのメッセージ」。実務者と研究の連携における経済学と他分野の関係、研究者のインセンティブなど、重要なトピックが議論されていた。

 

黒崎卓「開発経済学の功績」は開発経済学の歴史をたどり、最近のミクロ計量化、トピックの拡大などを説明した後、経済学、途上国それぞれに与えた影響を解説している。

 

山﨑潤一「開発経済学の潮流-データを切り口に」は衛星画像データ、企業内データ、土地生産性データ、といった最近開発経済学の研究に多い使われるようになってきたデータなとそれらをうまく使った研究を紹介している。

 

中野優子「アフリカにおける緑の革命にむけて」はアフリカの農業技術向上に向けての障害(信用制約、知識制約、環境制約など)と対応法(灌漑稲作技術研修)を著者の研究を紹介しながら解説している。

 

有本寛「開発経済史 「途上国」日本からの学び」はマイクロファイナンス、粗悪肥料問題の2つの情報の非対称性が問題になる開発経済学のトピックに関して発展途上時期の日本の歴史的経験を情報の経済学の観点から解説したうえで、そのような日本の歴史的な経験から今日の途上国のそれらの問題の対処のために学べることを議論している。

 

庄司匡宏「行動経済学/実験経済学を用いた開発経済学の可能性」はセルフコントロール問題の貯蓄への影響、損失回避選好が技術導入に与える影響、協調性・信頼の実験を使った数値化などの行動経済学、実験経済学分析が開発経済学で使われている例を解説している。

 

以下感想。

 


・個々の研究者のそれぞれ読み応えのある論考で開発経済学のトピックの広がりがわかり、その上で最初の対談部分で開発経済学と実務の関係で出てくる論点に多く触れることができる、いい特集だと思う。(冒頭でも書いたが重要なので二度書いた←コピペですが)。

 

・開発経済学は経済学内のほぼ全分野、経済学以外でも様々な分野と関わるのだから、開発経済学者以外でも自分の専門分野を生かしてどんどん開発経済学分野の研究に関わればいいと思う。

 

・同じ理由で、学生・院生の人の場合は開発経済学を専門にしたい場合でもどれかもう1つこれが自分の専門だと言える別分野を持っていたほうがいいように思う。あと、山﨑さんが書いてるようにどんどん新しいタイプのデータが研究に使われてきているので、テキスト分析、画像分析、機械学習、GIS、ネットワークなどなどできるようにデータ分析能力への投資を今のうちにやっておくといいいと思う。年取ってからだと時間的・学習能力的に厳しくなるので(泣)。あと、これも山﨑さんが書いていたが無料の公開データが多いので技術さえあれば分析できるというのもとても重要なことで、私みたいにデータアクセスしか能がないとまではいわなくてもデータアクセスが研究上の資本の1つ(今書いてて自分で傷ついたので書き直し)中年の価値は下がるがそれはおいといて、意欲的な学生の開発経済学(より広くは実証研究全般への)参入が進めばいいと思う。

 

・中野さんの最後のセクション「開発に関するすべての事象にRCTが適応できるわけではない」というのはその通りで、事例に挙げられた緑の革命の社会への長期的影響はまさにその例としては適切であると思う。RCTを今のところやらない自分もトピック選択ではRCTで(当分はまだ)答えられないbig picture questionを扱おうと心がけているので大いに共感する...のではあるが、ご自分の論文の紹介の中ででも、分析してる複数の要因の中でどれがRCTに向き、どれが向かないとか、ご自分の分析結果のどこがRCTではできない(難しい)から有用で、どこが今後RCTする(できる)場合の参考になるか、を書かれていたらRCTと非RCTの研究を両方進めていくことの意義をより具体的に書けたのではないかと思う。

 

・有本さんの記事に関しては、日本の経験はアイデアの宝庫となる可能性はあり、それを開発経済学の視点から分析し直すのはとても価値の高いことであると思う。ただ有本さんが書いている通り計量分析がしづらかったり、(内生性の排除と言う意味で文脈を知らない人に)説得的な実証がしづらいという意味で経済学のランクの高いジャーナルには載せづらい側面があるので、開発経済学史の知見を現時点で政策的方策へのヒントとして需要している人に届ける手段が別にあるといいと思う。途上国の人(か研究している人)と組んで、日本の知見を生かしてできるところをRCTできればとてもいいと思う(小並感)。その前の段階で、素朴な疑問として、そもそもそうした「教訓」が途上国の関係者に興味を持ってもらえるのだろうか、もらえるとしたらどんな側面だろうかというのが気になった。「教訓」が途上国の関係者に興味を持ってもらえて日本関係者・途上国関係者の研究・政策交流が起きている例があれば紹介してもよかったのでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月10日-16日 有用twitterリンク

大塚啓二郎「いかにして英文雑誌に論文を掲載するか」農業経済研究 2014

 

論文ダウンロードは

https://t.co/cbZCdXdQyi

 

個人的に好きなのは、この部分。

 

 



他にもいろいろなことを言っていて、人によってはカチンと来る箇所もあるかもしれない(貼ったツイートの主がカチンと来ているわけではない)。

 

 

 

 

 

 

まあ、「日本語で文章を書いても,日本人しか読めないからあまり意味がない。」とか「英語で論文を書けない人がまともに教育できるはずがない」とかは思わないが、そもそもこの論考のタイトルが「いかにして英文雑誌に論文を掲載するか」かつ、若手研究者向けのセッションでの招待講演を基にした論考であることは考慮する必要があるだろう。

 

ただ、明示的に書いてないものの、教育、日本語論文といった大学研究者としての役割の一部分を、英語論文執筆ができるようになるという目的において否定しているのは、(1)それらは英語論文書けるようになってからでもよくできるようになるが、逆は難しいし、(2)最初から全部高水準でやるのも難しいし、かつ(3)補完性が大きくない(教育頑張ってもその副産物で研究はできるようにならない、日本語論文書いても英語論文執筆能力に直結しない)ので英語論文を書きたいのであればそれができるよう専念しろということかもしれないと思う。

 

(1)(2)は多分そうで、(3)は人によるのかもしれないが、講義(特に学部生向け講義)から論文のネタを見つけたと言っている人は、学生のために教育を頑張ってるというより研究のネタ作りに講義をしてる感じもしないではない(暴言かも)。その場合はそういう人は「教育頑張ってもその副産物で研究はできるようにならない」の反証にはならないだろう。あとは、若手じゃなくなってくると研究以外で忙しくなって「労働力」としての共著者、RA探し、訓練という面の教育の価値はより大きくなってくるのかもしれないが、まあ若手ならとりあえず労働力としてはまず自分が頑張って論文書けるようになってからそういうこと考えろという話だろう。